ニュース一覧に戻る▶︎

ニュース
news&information
TREND NEWS

【初マラソンで3位!!大迫傑】

第121回ボストン・マラソンが4月17日に行われ、男子長距離界のエース大迫傑が出場。

初マラソンながらも2時間10分28秒で3位に入った。

優勝した2時間6分27秒の自己記録を持つキルイ(ケニア)とは50秒差、

2位のリオ五輪銅メダルのラップ(米国)とは30秒差だった。

今大会での日本人の表彰台は87年に優勝した瀬古利彦以来、30年ぶりという。

 

大迫傑と言えば、3000m、5000mで

日本記録を保持する日本長距離界のエースとして活躍。

昨季は、日本選手の10000mと5000mで2冠を達成し、

リオ五輪では10000mで17位に入った。

ロードよりトラックのスピードは確実に進化している大迫だが、

今回初マラソンで結果を出し、

低迷する男子マラソン界に新風を吹き込む存在となりそうだ。

 

2020年東京五輪はマラソンでの出場を目指している彼の

今後に期待が高まると同時にどのように仕上げてくるのかが非常に楽しみです!!

記事はこちらから

▶︎ニュース一覧に戻る

コースマップ

日本全国のランニングコースを網羅。

SUUNTO社サポートによる、コースごとの

詳細情報が掲載されています。

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2014 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイト

について