ランナーズブログ
runners blog

▶︎トップページに戻る

【注目!!マラソン大会情報!!】

来月に北海道マラソンが迫ってきてるということで

今回はマラソン大会情報をお伝えします‼︎

 

の前に、今年の4月から日本陸上競技連盟(日本陸連)が

2020年東京五輪のマラソンにおいて

新たな選考方針を発表したのを

皆さんご存知だとは思いますが、

その方針がよく分からないという方は

この画像をご覧ください‼︎

※日本陸上競技連盟公式サイト引用

東京五輪に向けた第一関門‼︎

男子:北海道マラソン、福岡国際マラソン、

別府大分毎日マラソン、東京マラソン、びわ湖毎日マラソン

女子:福岡国際マラソン、さいたま国際マラソン、

大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソン

 

上記のレースがMGCシリーズとなります。

 

2017年の夏から五輪の代表選考は始まります。

開催期間は2017年夏〜2019年春までの期間となります。

レース毎と順位とタイムをクリアすると

「マラソングランドチャンピオンレース(MGCレース)」への

出場権が得られます。

MGCレースは2019年以降の開催予定だそうです。

また、MGCシリーズ以外のワイルドシリーズで順位とタイムを

クリアしてもMGCレースの出場権は得られます。

「マラソングランドチャンピオンレース」は 五輪の代表を決める大会になります。 男女代表のうち2枠を決める代表選考レースです。 優勝すれば、東京五輪代表確定になります。 2、3位のうち「MGCレース派遣決定記録を突破した 最上級者が代表確定になります。 残り1枠を決めるレースは 「マラソングランドチャンピオンファイナルレース (MGCファイナル)」になります。

このレースは2019年冬から2019年春にかけて行われ、

対象レースで派遣記録を上回り、

最も速いタイムを出した1名の選手を代表に内定します。

対象レースは、男子:福岡国際マラソン、東京マラソン、

びわ湖毎日マラソン

女子:さいたま国際マラソン、大阪国際マラソン、

名古屋ウィメンズになります。

 

新たに選考方針が変わり、選手にとって良いのか悪いのか

始まってみなければわかりませんが、

五輪代表を狙う選手は一戦一戦が

これから大切になってくると思います。

いよいよ8月から北海道マラソンも始まり

マラソンシーズンも開幕ですね‼︎‼︎

 

新しく選考方針も変わったということで、

注目のマラソン大会をいくつかご紹介します!!

*北海道マラソン

開催日 8月27日 開催地 北海道・札幌

 

北海道マラソンは2017年MGCシリーズ最初のレースになります。

前回は過去最多となる2万人がエントリー。

一昨年の大会ではSEVネックレスを愛用している

ロンドン五輪日本代表の藤原新(ミキハウス)選手が優勝。

前回大会ではSEVスポーツ所属のサイラス・ジュイ選手が

2位でゴール。

女子は市民ランナーから大人気の吉田香織(TEAM R×L)選手が

優勝など実力のある選手が勢ぞろい!!

比較的涼しい中で行われるので

市民ランナーにとっても走りやすい大会だと思います。

*さいたま国際マラソン

開催日 11月12日 開催地 さいたま

 

この大会は女子のみ選考対象レースとなっています。

大会サポーターを務める川内優輝(埼玉県庁)選手が今大会、

一般フルマラソンの部でランナーの方と一緒にさいたま路を

駆け抜けることになりました‼︎

他にも地域の魅力を存分に楽しめる市場や

特設ステージ行われる音楽やパフォーマンスなど

コラボイベントが盛りだくさん‼︎‼︎

毎年たくさんの来場者で盛り上がる注目も大会になっています!!!

*福岡国際マラソン 開催日 12月3日 開催地 福岡 福岡国際マラソンもMGCシリーズの一つになっている大会です。 前回大会、川内優輝選手が3位になり8月の世界選手権の代表に 選出された大会になります。 毎年数多くのエリートランナーが集結する福岡国際マラソン。 今年はどんな選手が集まってくるのでしょうか。 乞うご期待です‼︎‼︎笑

来月には北海道マラソンが開催され、MGCシリーズ初戦となる

この大会に注目が集まりそうです‼︎

MGCシリーズの中から、どの選手がMGCファイナルに

勝ち進むのか、代表を勝ち取るのか

今後のレースが見逃せなくなりますね‼︎‼︎

 

次回はウルトラマラソンをご紹介します!!!!お楽しみに!!!!

アイテムランキング

ランに必要不可欠なアイテムたちを、シチュエーション、

ランナータイプに合わせてランキングにしました。

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2014 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイト

について