トップページに戻る▶︎

パソコンで行う「設定」はOK!

さっそく公園をランニング!と思ってみたものの、タイムを計るにはどうしたらいいの?
と困惑する方も多いはず。今までのランニングウォッチであればてきとうにボタンを押しているだけで、ストップウォッチモードへと切り替わり、すぐにスタートができるイメージでしたが、GPSウォッチは様々な機能がある分、ストップウォッチの画面にたどり着くことが少し長くなりました。

 

そこで、ランニングができるまでの流れを書いてみたいと思います。

 

 

 

1.まず画面が時計の状態で表示されているところからスタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

2.右上のボタンを1回押すと、設定画面が表示されます。

 

3.「EXERCISE」にカーソルを合わせて決定ボタンを押します。

※右側3つの内、上・下がカーソル移動、中央が決定ボタンとなっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.「Running」にカーソルを合わせて決定ボタンを押します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤Moves  Linksをインストールし、パソコンとSUUNTOを同期させます。

 

 

5.Runningを押すと下の画面に切り替わり、自動で心拍の計測を行います。

※HR(ハートレート=心拍計測)ベルトを装着していれば数十秒で認識され、次の画面へとうつります。

装着していない方は右上の[Later]で次に進んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6.HRが終了したら、次にGPSの捕捉が開始されます。

屋外にいれば、数十秒で捕捉されると、次の画面にうつります。

※始めての場所だと捕捉に時間がかかる場合もあります。

※屋内あるいはGPSが不要な方はこちらも[Later]で次に進んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.HR、GPSが終了すると以下の画面が表示され、ストップウォッチが使用できるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8.ここからの操作は時計にも書いてある通り、右上のボタンでスタート・ストップ。

ラップを取りたい時は、左上のボタンを押します。

ストップをしてからもう一度同じボタンを長押しすればデータがセーブされ、ストップウォッチが終了します。

 

 

いかがでしたでしょうか。ここまで覚えればあとは自由に走れます!
走ったあとにパソコンに繋げば色々な結果をを知ることができるので、ますますランニングが楽しくなります。様々なコースに出かけていきましょう!!

 

会社概要

お問い合わせ

このサイトに

ついて

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.