アイテム紹介
item ranking

トップに戻る▶︎

2017春オススメのランニングウェア4選!

2015東京マラソントップ10の

選手使用シューズランキング

今年の東京マラソンも高速レースとなりました!

アフリカ勢が強かった印象ですが、今井選手も大健闘でした!!

さて、そんな上位の選手たちが何を履いているのか、きになるシューズをランキング形式で

お知らせしたと思います!

「エア ズーム ストリーク5」

1

以前おすすめシューズランキングのナイキ編で紹介した、ストリークがなんと!

 

今回の東京マラソントップ3選手が、全員ストリークを使用していました・・!!

 

しかし残念なことにモデルは古いタイプで、

エアズームストリーク3を使用していました。

 

現在、3はもう販売していないので、

ここではストリーク5を紹介いたします。

(ちなみに、8位になったエチオピアの選手は5を使用していました。)

 

エアズームストリークはアッパーが柔らかくて、クッション性もかなりいいです。

ソールはつま先から土踏まずあたりまでゴムのようなすべりにくい素材で、

コンクリートで足を無理に蹴らずにをしっかりと走れます。

 

蹴って走るシューズではないので、疲れにくいシューズなのが特徴です。

実施アッパーはかなり変わりましたが、ソールは3も5もそこまで変わってません。

 

後半でも足をしっかりと動して走るアフリカ勢の秘密はここにあるのかもしれませんね。。。

「アディゼロジャパンブースト2」

2

最新モデルのアディゼロ ジャパン ブースト 2 が2位になりました。

海外のマラソン選手はアディダスを使用している人が多いですね。

 

実は、サブ4向けのシューズとして扱われているので、比較的重さはあります。

しかしクッション性がないとマラソンは後半足にきてしまうので、

このくらいの厚さがちょうどいいです。

 

それをアフリカ勢はわかっているのでしょう。

何回も足を地面に打ち付けることを考えて、

スピードを出すよりも、後半のラストに備えて足を守るシューズがベストだと思います。

 

ゲブレシラシエ選手もアディダスのシューズをこよなく愛して履いていますが、

マラソンではきまって、ソールが厚くてクッション性のいいものをチョイスしています。

 

それくらい、マラソンは足への負担があるのです。

 

今回のレースで後半動かなくなった方、

ぜひ、シューズを変えて再チャレンジしましょう!

日本人トップに輝いた今井正人選手が履いていました!
実はソールはオーダーで作成していたので多少違うのですが、紹介いたします。

 

タクミ センはソールが硬く、つま先部分につけられたコンチネンタルラバーにより、

グリップ性能が高くなりました。

 

タイヤメーカーのラバーを使用しているので、

乾いた路面ではもちろんのこと、濡れた路面でもグリップ性が高くて

蹴り出しのパワーロスを軽減してくれます。

 

箱根駅伝で優勝した青山学院大学の選手達が使用していて話題になりましたが、

マラソンでも大活躍!

 

どうしても思いシューズが馴染めない方は、このシューズがおすすめです!

 

アーカイブランキング

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイトに

ついて