アイテム紹介
item ranking

トップに戻る▶︎

クッション性の高いシューズランキング

ランニングにおいて初心者でもシリアスランナーでも怪我は大敵です。

 

怪我をしにくくするためにクッション性のシューズをトップランナーは履いています。

そこで、今回のランキングはランラインが厳選したクッション性の高いシューズのランキングをご紹介します。

「adidas ウルトラブースト」

ソール全体がBoost(ブースト)となっていて、ソールの厚さの割にそこまでの重さを感じずに軽快に走れる一足です。反発力も高いため、疲れにくく走りたい気持ちが止まらなくなる。

 

2017年東京マラソン優勝のキプサング選手や箱根駅伝優勝の青山学院大学のメンバーもブースト素材のシューズを愛用!!

※Boostとは・・・クッション性と反発性を両立した素材で、バネのような新感覚クッションで少ない力でどんどん前に進む事ができる素材です。

「Nike エアズーム ストラクチャー」

エアズームストラクチャーは搭載されているダイナミックサポートによって

接地時のサポートとクッションを提供してくれます。

 

ソールが硬くてクッション性がありながらも高い反発力を生み出すシューズです。

2016年リオオリンピックマラソン銅メダリストのゲーレンラップ選手が

愛用しているシューズの一つです。

 

「BROOKSグリセリン」

BROOKS DNAは体格の違いやスピードの違いを認識して

自動的に最適なクッションへ変化します。

 

アメリカランニング専門店シェアNO.1のブランドであり、

日本にも進出してきている今話題のシューズです。

 

どんなときでもそのランナーにあった最適なクッション性を提供する、
新しいタイプのシューズです!!

 

 

アーカイブランキング

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイトに

ついて