アイテム紹介
item ranking

トップに戻る▶︎

冬のランニングジャケットランキング

マラソンシューズランキング

〜ミズノ編〜

 

ナイキのトラックシューズ(スパイク)は、

最近の五輪や世界陸上に出場するトップランナーは、8割ほどが履いています!

世界のランナーから絶大な人気を誇るナイキのシューズ。

 

日本でも徐々にトラックランナーが ナイキを使用していますが、

まだまだ浸透していないですね。。

 

という事で多くの方にナイキのシューズを知って頂き、

どういうのがオススメなのか、紹介していきたいと思います!

 

「ズームマトゥンボ」

1

こちらはスパイクシューズとなっております。

以前掲載したミズノの「クロノディスト」に比べると、

同じスパイクとは思えないような作りになっています。

 

ナイキのスパイクシリーズは長距離といっても

前足部についているピンのアタッチメントが突起していて、

履くとかかとが浮いて身体が前のめりになるような作りになっています。

 

そしてかかとの補強は全くといっていい程ありません。

それだけ前足部をメインに使ってかかとはほとんど接地せずに走るような、

スピードをかなり追求したシューズだと考えてください。

 

普段からスパイクを使用されていない方は、足への負担が相当くると思いますが、

その分の推進力は必ず得られるので、ぜひお試しください。

カラーが一緒なのでマトゥンボと見分けがつきにくいですが、ソールは全く違います。

こちらのヴィクトリーはマトゥンボよりも更にかかとがつけません。。

 

よりつま先立ちになり、ふくらはぎを攣ってしまうのではないかと思う程のシューズです。

日本人からしてみると、こんなシューズ履けないよと思うかもしれませんが、

実はヴィクトリーを世界のランナーはよく履いています。

 

昨今マラソンのスピード化が進んでいると言われていますが、

トラックでは昔からかなりのスピードが要求されます。

 

そのトラックのスピードに合わせるようにシューズも開発されているのでしょう。

 

このシューズを履きこなせないことには、

世界のスピードに追いつけないといってもいいのかもしれません。

 

ぜひ世界で親しまれているヴィクトリーを履いてみてください。

ストリークLTはナイキのランニングシューズの中で、最も薄くて軽いシューズです。

グリップ性が非常に高いので、ロードレースにも向いています。

 

ソールのクッションが柔らかいのに反発がしっかりとあるので、

やはりスピードレースのトラック向けですね。

 

スパイクに慣れないという方はぜひこのストリークから初めてください。

個人的には、このストリークからミズノのクロノディストを履けば、

スパイクへの抵抗がよりなくなると思います。

冬のランニングジャケットランキング

マラソンシューズランキング

〜ミズノ編〜

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイトに

ついて