インタビュー
interview

ランナーインタビューページでは、トップランナー、市民ランナーを問わず、

素敵なランナーにインタビューをお願いして、皆様にご紹介いたします。

砂田 貴裕様  (ランナー)

interview

1992年、防府読売マラソンで2時間15分30秒(ジュニア日本記録)を記録1995年1月、

東京シティハーフマラソンで1時間1分23秒(現在は非公認コースの参考記録となっている)を記録。

 

1995年アテネで行われたワールドカップマラソンに出場し、2時13分16秒で2位に入る。同年、福岡国際マラソンで2時間12分01秒を記録し10位

1998年6月、サロマ湖100キロウルトラマラソンにおいて、6時間13分33秒の世界最高記録で優勝。

1999年5月フランスで行われた100kmの大会(IAU世界大会)では6時間26分06秒で3位。 12月の福岡で2時間11分03秒を記録し8位。

2000年4月にもフランスの100kmの大会(IAUヨーロッパ大会)に出場し、6時間17分17秒で優勝。9月のベルリンマラソンで自己ベストの2時間10分08秒で4位。

写真提供

©Yusuke Kashiwazaki / Red Bull

ランニング歴

27年

月間走行km

250km

ランニングを

始めたきっかけは?

中学時代の友人

今後の目標を

教えて下さい

出場した大会の入賞

好きなランニングメーカーを教えてください。

interview

アクセサリー : 良いものを使う

ウルトラマラソン・ロードレースあるいはトレイル等、ブランドにはこだわらず最適と判断した物をその都度選択する。

NO IMAGE

interview

シューズ : 良いものを使う

レースの距離や練習内容に応じて選択する。特にメーカーは気にしていない。

NO IMAGE

interview

アクセサリー : セブのネックレス

SEVを身に着けると

呼吸が楽になり

力を入れやすく

なるからです。

オススメのランコースを教えてください。

interview

有栖川公園

有栖川公園 公園内はクロスカントリー、

公園外周は急こう配の登りがあり一人で練習する際に追い込める場所

interview

東宮御所

1周約3.3km 周回でアップダウンが2回あるテクニカルコース 足腰を鍛えるのに都内で一番良いコースと思っています。

interview

run-lineをご覧のランナーへメッセージをお願いいたします。

記録よりも記憶に残るランナーになる事を目指して頑張りましょう!

 

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイトに

ついて