▶︎質問一覧に戻る

Q & A
question & answer

シューズの寿命は?

 

シューズの寿命は600〜1000kmくらい走ると寿命だと言われています。

しかし、その基準はとても曖昧なもので、

使用していると、「まだ使えるじゃん」と思うことがよくあります。

 

 

ランナーからしてみれば、

穴が空いたり、かかとが異常にすり減ったりしているのを見て、

初めて替えようと思う人がほとんどのはず。

 

 

また、ランニングフォームは人それぞれであり、

足の着き方、蹴り出し方も十人十色。

 

 

ですから、同じシューズを使用していても、

ランナーによって減り方はまちまちです。

だからこそ寿命は必ず「自分で見極めてください。」

 

 

穴が空いたり、ソールが極端にすり減っている場合はすぐに替えましょう。

 

チェックポイントとして、上述した600〜1000kmという目安はあるので、

500km程度走ったら自分のシューズをまずチェックしましょう。

 

練習日誌等をつけている方であれば、

このシューズがどのくらい走行したかはわかりますよね。

 

日誌をつけていない方でも、ソールの裏などに、

購入して履き始めた年月日を記載しておけば、大体の目安になります。

 

 

そうやって、いつ使い始めたかをわかるようにして、

500kmあたりでぜひチェックしてみてください。

 

 

また余談ですが、シューズの寿命を延ばす方法があります。

それはシューズを休ませることです。

 

 

シューズは湿気が多くて、汗をたくさん吸収します。

またインソールについては、踏まれて体重が掛かるため、へこんでいきます。

 

 

仕方のないことなので、

走った日に風通しのいいところで日陰干しをしましょう。

それだけで、シューズが乾きへこみも多少戻ります。

 

 

しかし、これが毎日同じシューズを使用してしまうと、

シューズは疲れる一方で、寿命が早まってしまうのです。

 

 

という訳でシューズは2足同時に購入し、

交互に使用することをお勧めいたします。

 

 

纏めて購入すれば金額は倍になるので、高く感じますが、

1足で走るより長持ちするので、

結果的に次のシューズを購入する時期が遅くなって、お金も浮きます。

 

 

また、シューズのアッパー部分が汗や水を吸収しすぎると、

生地が伸びきってしまい、足をホールドできなくなってしまうのです。

 

 

足を守るべきシューズが、足を支えられなくなり、

怪我に繋がってしまうこともしばしば。

 

 

ランニングは他のスポーツよりもお金が掛からない分、

シューズにはしっかりと拘っていきましょう。

質問はこちらから (送信完了後トップページに戻ります)

頂いたご質問はページ紹介のうえ、順次回答いたします。回答まで今しばらくお待ちください。

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。

必須

必須

必須

必須

必須

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイトに

ついて