ニュース
news&information
TREND NEWS

【ボルトの後継者 ウェイド・バンニーキルク】

8月8日、世界陸上5日目

男子400m決勝が行なわれました。

 

世界記録保持者でリオ五輪金メダリストの

ウェイド・バンニーキルク選手が48秒98で

2連覇を達成しました。

ボルトの後継者と言われている彼が、

その実力を見せつけました。

先頭で最終カーブを抜けると、そこからは独走態勢。

後続の選手を引き離すまま、

最後は流す余裕を見せつけてのゴール。

 

リオ五輪では不滅と言われた

マイケル・ジョンソン選手の

世界記録を17年ぶりに更新。

今大会では男子200mでも優勝候補に

挙げられているほか、100mも9秒台で走る超人です。

ボルトから自身の後継者と指名されている

バンニーキルク選手は400mに引き続き、

200mでも優勝を果たすのでしょうか。

この超人の走り、見逃せません!!

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイトに

ついて