ニュース
news&information
TREND NEWS

【”関西の星” 多田修平】

本日(日本時間5日未明)から始まる世界陸上。

イギリス・ロンドンで開幕します。

現役最後の大会となるウサイン・ボルト選手の

走りに加え、日本人選手の躍進にも注目が集まります。

最初に行われるのは男子100m予選。

同日午後8時20分から行われる予定になっています。

ファイナリストに残るには9秒台を

確実に出していかないといけない激戦。

日本勢で初の9秒台と期待がかかる

サニブラウンハーキム選手、多田修平選手、

ケンブリッジ飛鳥選手。どの選手も9秒台を出せる実力は十分にあるとは思いますが、

今回注目したのは関西学院大学の多田修平選手です。

自身の走りの武器は前半。

スタートから中盤にかけてが得意だそうです。

5月に行われたセイコーゴールデングランプリ川崎

(等々力競技場)で、

リオ五輪銀メダリストのジャスティン・ガトリン選手を驚かすロケットスタート。

ガトリン選手だけではなく

観客も驚くほどのスタートでした。

それに続き、6月に行われた日本選手権では自己ベストを更新し、世界陸上日本代表を獲得しました。

本人も課題に挙げている後半の走り。

彼がどこまで体力面が復調できているか、

走り方に対して終盤まで上半身を前傾姿勢を保てて

いけるかどうかが注目ポイントになります。

後半の走りが9秒台、決勝に残る鍵だと思うので、

どこまで復調しているのか

彼の走りに期待をしたいですね。

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイトに

ついて