ニュース
news&information

▶︎ニュース一覧に戻る

TREND NEWS

【GMOで東京五輪を目指す 下田裕太】

10代のマラソン記録日本最高記録保持者の

下田裕太(青学大)選手が大学卒業後、

GMOアスリーツに所属する

意思を固めたことがわかりました。

 

GMOアスリーツは

1996年のアトランタ、2000年のシドニー両五輪の

長距離日本代表の花田勝彦監督が率いて、

青山学院大学の原晋監督がアドバイザーを務めます。

下田選手は昨年の2月の東京マラソンで

初マラソンながら、2時間11分34秒と

10代のマラソン日本記録保持者となりました。

また今年の1月の箱根駅伝では8区で

2連連続区間賞を獲得し、史上初の大会3連覇と

大学駅伝3冠を同時達成に貢献しました。

7月1日の世田谷記録会では5000mに出場。

13分53秒45と自己ベストを更新しました。

来春から新天地で戦うことを決断した下田選手は、

これまで高校と大学と環境を変えることで

成長ができた。社会人ではまた新たな環境で

成長したいと意気込んでいるそうです。

 

東京五輪でメダルをとりたいと

壮大な目標を明かす彼は、

来年の箱根駅伝、その後の実業団生活でどのような

成長を見せてくれるのか非常に楽しみな選手です!!

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイトに

ついて