ニュース
news&information

▶︎ニュース一覧に戻る

TREND NEWS

【神奈川大学トップ通過 全日本大学駅伝関東予選会】

11月5日に行われる全日本大学駅伝の関東予選会が

6月18日に埼玉・浦和駒場スタジアムで行われました。

出場校は20校。その中の上位9校が

本戦の全日本大学駅伝に出場することが出来ます。

レースは10000mが4レース行われ、

各大学2名ずつ合計8名の選手が選出。

その合計タイムで争われます。

今回はこの上位9位の大学が本戦出場を決めました。

 

1 神奈川大 3時間56分16秒

2 東海大 3時間56分57秒

3 国学院大 3時間57分43秒

4 大東文化大 3時間57分49秒

5 法政大 3時間58分10秒

6 帝京大 3時間58分34秒

7 明治大 3時間58分40秒

8 順天堂大 3時間58分40秒

9 城西大 3時間59分05秒

今回トップ通過で本戦出場を得た神奈川大学。

第1レースから上位につけ第3レース終了後には

全体トップに立っていました。

最終組にはエースに鈴木健吾選手が出場。

悔しい走りではありましたが、5位にまとめ本戦出場を

確実に決める走りを見せていました。

3、4位と日本人トップ争いを見せていたのは、

順天堂大学の塩尻和也選手と明治大学の坂口裕之選手。

塩尻選手は序盤から積極的なレースを展開し、

最後はラストスパートで敗れてしまいましたが、

全体の4位に入りました。

チームとしては8位で本戦出場を決めました。

明治大の坂口選手も3位に入り、

チームは7位で明治大学も本戦出場を決めています。

本戦出場を獲得した9校はここからが本番です!!

前回大会の6位までに入った6校も加わり、

熾烈な戦いになりそうです。

駅伝では何が起こるかわからないので、

予選会を突破したチームにも

上位を狙える可能性はあります。

 

果たしてどの大学があの伊勢路へ

戻ってくるのでしょうか。

 

今から非常に楽しみです!!

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイトに

ついて