ニュース
news&information

▶︎ニュース一覧に戻る

TREND NEWS

【チーム史上初!外国人選手加入! 旭化成】

5月15日、陸上長距離・旭化成がチーム史上初となる

外国人選手を2人加入した。

今回加わった選手は、ケネス・キプロプ・キプケモイ選手と

アブラハム・キャプシス・キプヤティチ選手。

どちらもケニア出身の選手だ。

 

キプケモイ選手は実績抜群の選手。

・10000m 26分52秒65 自己ベスト

・5000m 13分3秒07

・ハーフマラソン 59分1秒

キプヤティチ選手はまだ24歳で

今後の成長が期待できる選手である。

 

今年のニューイヤー駅伝では出場37チーム中30チームが

外国人選手を出場させている。

多くの実業団チームが外国人選手を加入している中、

旭化成は今まで外国人選手を加入せずに出場し、

日本人選手だけで優勝した経験もある。

今まで日本人だけで作り上げてきたチームなだけに、

ついに外国人選手を加入してしまうのかと

少し残念な部分もある。

 

今回外国人選手を加入し、同じ環境で練習することによって

日本人選手の強化にも繋がり、世界で戦うとなると

外国人選手に対する攻略も必要になってくる。

駅伝だけではなく、世界陸上、五輪と世界を目指す上で

さらにチーム力を高め、

世界に通用する選手を多く輩出するには

外国人選手の加入はメリットが大きいのではないだろうか。

 

新しい外国人選手の加入をきっかけにチームや選手がどのように変化していくのか、今後の旭化成に注目が集まる。

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイトに

ついて