ニュース
news&information

▶︎ニュース一覧に戻る

TREND NEWS

【まさかの失格… 桐生祥秀】

世界最高峰シリーズ・ダイヤモンドリーグ上海大会が

5月13日に行われた。

男子100mが行われ、日本人初の9秒台がの期待が懸かった、

リオ五輪男子400mリレー銀メダリストの

桐生祥秀選手(東洋大)、ケンブリッジ飛鳥選手(ナイキ)、

サニブラウン・ハーキム選手(東京陸協)が出場した。

 

ケンブリッジ選手やサニブラウン選手が

快調にスタートを切る中、

今回、桐生選手はまさかの失格で終わってしまった。

最初は桐生選手の隣のレーンの米国選手が

明らかなフライングで失格。

桐生選手はこの際に抜群なスタートを切っていたが、

これで歯車が狂った。

続く2度目のスタートでほぼ揃ったスタートだったが、

わずかに桐生選手のフライングが判定された。

 

シニア大会でフライングするのは初めてで苦笑いを浮かべつつ正直ショックと漏らしていたが、

もっとスタートを極めて進化していきたいと前を向いている。

次の大会は5月25日に行われる関東学生対抗戦に出場予定。

 

それに伴い、13日の深夜0時30分から

TBS 「S☆1 桐生&ケンブリッジなるか9秒台!」

という番組が放送されました。

桐生選手が自身のトレーニングで、

RUN-LINEでも取り扱っている商品

"グリッドフォームローラー"を使用していました。

今回のダイヤモンドリーグに出場するために

上海にまで持って行くほど愛用されています。

 

やはりスポーツ選手にとってトレーニング効果の向上や

パフォーマンスの向上は欠かせないもので、

少しでも良くするために、このようなグリッドを使って

トレーニング効果を上げていく選手もいます。

他にもリンパの流れ、血流の流れも良くしたりなど

運動前のウォーミングアップには最適な商品になっています。

興味のある方はぜひ一度試して見てください!!

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイトに

ついて