ランナーズブログ
runners blog

ランナーズブログページでは、陸上競技に関する情報を配信していきます!

さいたま国際マラソンのコースは知っておくべき!

さいたま国際は第1回目となるので、みなさんコースをご存知ない方が多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで走る前に!知っておいた方がいいさいたま国際マラソンのコース情報をお知らせ致します!

 

 

マラソンは考えないで走ることが1番ですから、知らないコースを意識して走るとガス欠を起こす原因にもなるので、ぜひコースは知っておきましょう!

 

さて、コース説明といっても、細かいコース内容をここにつらつら書いても覚えられないでしょう。RUN-LINEがお伝えしたいのは、そんな細かい情報ではなく、高低差です。

 

 

 

 

さいたまスーパーアリーナからさいたまの土地を駆け巡り同じところへと戻ってくるコースですが、パッとコースをみると一見普通のマラソンコースのようにも見えるので、さほどコースの把握はいらいないかと思いましたが、その高低差、アップダウンに驚きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に細かいアップダウンがいくつも待ち受ける超難関コースなのです。

 

 

何度このアップダウンをクリアすればゴールにたどり着くのかと思うくらい、何回も何回も走ることになります。

 

 

 

詳しくみたい方は一般の投稿でコースを車で走行した動画があるので参考にご覧ください。

 

 

 

車だとなんてことのない緩やかで割とすぐに終わるアップダウンですが、人が走ると非常に苦しく長く感じるでしょう。

 

 

 

上りで呼吸がきつくなり、下りで足を使う。。またすぐに上りがくる。。。

 

 

 

前半にいくら余裕をもって走ろうとしても、結局後半かなり苦しくなるような気がしますね。。。

 

 

 

 

ちなみにしれっと公式ページにも高低差が図で掲載されていますが、、、、みればけっこう落ち込みます。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで!認識しただけではもったいないので、アップダウンの上りと下りの走り方を少しでも変えてチャレンジしてみましょう!



今からフォームを劇的に変えようとするのは難しいので、簡単な「コツ」みたいなものを、今回は2回に分けてブログで書きたいと思います。

 

 

 

 

本日は上り編。

上りといえばスペシャリストな人たちがいますよね。

そう、箱根駅伝で世間を賑わせたあの山の神達です。

 

 

 

 

 

今井選手・柏原選手・神野選手。

 

 

 

 

 

 

彼らの走りから学ぶのが1番速いでしょう。

見ているとある特徴がありました。それは、

 

 

 

上体を立たせて走っていることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん上りを走る時って自然と身体が前傾する人がほとんどなの知っていますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは上体が立っていると重心が後ろにいき、スピードが落ちるような気がするので無意識にしていると思います。

 

 

 

しかし、その感覚は間違っています。上体は立たせた方が進むのです。

 

 

 

実践してみればわかると思いますが、前傾になればなるほど身体は前にいきますが、足はどうでしょう。

 

 

下半身だけ重心が後ろに残っているような状態になり、また、股関節の可動域を狭めるような走りになりませんか?

 

 

 

股関節の可動域を狭めるすなわち、一歩踏み出す距離が縮んでいるのです。

上体を前に倒して走るという事は、進みにくい走り方をしているという事なのです。

 

 

 

もちろん、山の神達は状態が立っているような走りをしていました。以前、柏原選手が卒業した翌年に、山登りに起用された定方選手へのアドバイスをした時、

 

 

「股関節を使って走れ」

 

 

 

と言ったようです。やはり、股関節を動かして走ることで、前に進むような走りがうまれるのでしょう。そして股関節を十二分に使う走りこそが上体をあげた走りなのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということでジョギング等で、実際に上りを使って実践してみてください。身体が楽になるなんてことはありませんが、進む距離が変わってくるので反復してみる価値ありですよ。

 

 

 

 

明日には下りを書きますので、下りが苦手、下りなんてただ下るだけで楽に走れるから気にしない、という方にぜひみてもらいたいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

run-line運営事務局

 

 

 

 

 

Facebookの記事へのいいね!お願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

twiiterのフォローお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

run-line事務局

【HP】

ランニング情報を日々更新しています!

OPEN!! run-line公式HP

 

【公式オンラインショップ】

ランニングにおすすめなアイテムを厳選してご紹介!

 

http://www.sev-sports1.com/run-line/

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイトに

ついて