ランナーズブログ
runners blog

ランナーズブログページでは、陸上競技に関する情報を配信していきます!

東日本実業団駅伝の結果!

 

昨日東日本実業団駅伝が開催されました!

ニューイヤー駅伝を懸けた東日本実業団駅伝。

 

 

 

毎年、ニューイヤーに懸けたそれぞれのチーム達の想いと、本番の前哨戦も兼ねてかなり熱い走りが披露されます。まずは結果から。

 

 

1位 HONDA

2位 日清食品グループ

3位 DeNA

4位 コニカミノルタ

5位 日立物流

6位 ヤクルト

7位 JR東日本

8位 富士通

9位 プレス工業

10位 八千代工業

11位 小森コーポレーション

12位 SUBARU

13位 カネボウ

14位 サンベルクス

15位 警視庁

======ここまでがニューイヤー出場獲得=======

16位 NDソフトウェア

17位 コモディイイダ

 

 

 

 

今年もかなり盛り上がりを見せました。

コニカミノルタが3連覇をしていたので、4連覇なるかという話題が大きかったですが、今年はスタートからHONDA日清食品グループの争いになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HONDAは設楽悠太選手の区間賞で2区でトップにあがったものの、3区以降は日清食品グループが大きくリードを広げていきます。

 

 

 

最大1分10秒近く離れたので、勝負あったかに思えましたが、アンカーでHONDAの驚異的な追い上げにあい、残り2キロ付近で逆転されてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンカーの松村選手と元村選手は同じくらいの実力をもっていたので、今回は元村選手がブレーキしてしまったのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ではありますが、ニューイヤーでの快走を期待しましょう。

 

そして今回はニューイヤー駅伝出場にの為に繰り広げられたバトルも見ものでした。

 

ニューイヤー駅伝60回目の記念大会ということもあり、出場枠が増えていました。

 

 

だからこそ、何がなんでも今年はニューイヤー駅伝出場の切符を獲得したいというチームが多くいました。

 

 

 

 

サンベルクス

警視庁

NDソフトウェア

コモディイイダ

 

 

 

 

この中のチームが熾烈を極めるだろうと予想はしていました。

順当にいけばこのあたりという結果はわかりますが、やはり駅伝は何があるかわかりません。

 

 

 

まず、サンベルクスとNDソフトウェアは1区がブレーキ。

※写真は先頭集団です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンベルクスはタイムを稼げる北村選手がニューイヤー出場枠ぎりぎりの15位でタスキリレー。

NDソフトウェアの大沼選手は北村選手ほど力はないものの、チームに勢いをつける選手だったと思います。それが大きくペースを落としてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、この2チームには3区に外国人選手がいる為、挽回はまだ可能な状況ではありました。

 

 

 

 

そしてチーム全体で戦う警視庁とコモディイイダは、ほぼ実力通りの力を発揮し、タスキを繋いでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半、サンベルクス・警視庁・NDソフトウェア・コモディイイダが14,15,16,17位となりました。

 

 

 

 

 

15位までしかいけないニューイヤー駅伝。

後半区間につれてサンベルクスの力が劣り、警視庁とNDソフトウェアは同等の力。コモディイイダは少し離されてしまう形となりました。

 

 

 

 

 

警視庁とNDソフトウェアはアンカー時点で同時タスキリレー。

2人で競り合いながらも、サンベルクスとの差が詰まっていきます。

 

 

 

 

 

 

結局サンベルクスは逃げ切り、最後は警視庁とNDソフトウェアのバトル。わずか3秒の差で警視庁がニューイヤー出場切符を手にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても残念でしたが、東日本実業団駅伝に初出場したNDソフトウェアは敗戦となりました。

また、来年レベルアップしてここに来てくれることを期待したいと思います。

 

 

 

 

 

さぁ、これで東日本のチームが決定しました。

 

 

 

 

 

これから各地で予選が開催されますが、ほとんど東日本勢でニューイヤー駅伝は上位を占めるでしょう。ということで今回の成績からだと早い気もしますが、優勝を予想してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のニューイヤー駅伝優勝は日清食品グループと予想します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暫く影を潜めていた村澤選手が復調した様子を見せ、矢野選手も快走しました。特に矢野選手は、昨年の東日本実業団駅伝で6区に出走し、区間賞・区間新記録を更新しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回は4区で区間賞・区間新記録を更新しています。

 

 

 

 

そこに、佐藤悠基選手がメンバーとして入るのでかなり強いオーダーになるのではないでしょうか。

 

逆に今回優勝したHONDAは、今回のオーダーがほぼベストな布陣でした。

 

 

 

 

代わりに走れる選手はいますが、爆発力のある選手は東日本実業団駅伝で使いきっています。佐藤悠基選手に対抗しうる選手がいない為、力負けする可能性が高いでしょう。

 

 

 

とはいうものの、競り勝ったことは事実なので、このままチームの雰囲気もいい状態でニューイヤーを迎えれば、優勝ラインで戦えることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、コニカミノルタは菊地選手の調子がいまひとつだったのと、故障している設楽啓太選手が復活すれば、一気に優勝争いに絡む存在となります。今回HONDAと日清食品グループには太刀打ちできませんでしたが、菊地選手と設楽選手の調子と回復次第で、大きく展開が変わるので楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

run-line運営事務局

 

 

 

 

 

Facebookの記事へのいいね!お願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

twiiterのフォローお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

run-line事務局

【HP】

ランニング情報を日々更新しています!

OPEN!! run-line公式HP

 

【公式オンラインショップ】

ランニングにおすすめなアイテムを厳選してご紹介!

 

http://www.sev-sports1.com/run-line/位位位

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイトに

ついて