ランナーズブログ
runners blog

ランナーズブログページでは、陸上競技に関する情報を配信していきます!

全日本大学駅伝の結果!

11/1(日)開催された全日本大学駅伝!!

 

 

まずは結果をご覧ください!!

 

 

1位 東洋大学

2位 青山学院大学

3位 駒澤大学

4位 早稲田大学

5位 東海大学

6位 明治大学

======ここまでシード権獲得======

7位 山梨学院大学

8位 順天堂大学

9位 中央学院大学

10位 日本大学

 

 

 

run-line事務局でレースを予想していましたが、今回は驚きの結果となりました。

 

 

 

 

色々と各チームの選手を調べても、どうしても青山学院大学の力が1つ上をいっていたので、何かアクシデントでもない限り負けない、と思っていました。

 

 

 

 

 

 

それがまさかの敗退。優勝したのは東洋大学でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東洋大学は先行逃げ切りを考えて、1区から強い選手を並べてきました。

そして想定通りの走りを服部兄弟、トラックレースから勢いに乗っている口町選手が披露。後続との差を広げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからは青山学院大学に主導権を握らせない走りで見事逃げ切りました。

 

 

 

アンカー上村選手の安定した走りも素晴らしかったです。

 

 

 

一方の青山学院大学はというと、東洋大学と実力に大差はない選手を前に並べて、前半からリードする戦略でいきました。

 

 

しかし、まさかの2区小椋選手がペースダウン。そこからは前を追う展開となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原監督もスタート前のインタビューで、仮に前半やられたとしても、4区久保田選手で追い上げ5区の下田選手が追いつく。そして6,7区で粘り、アンカーの神野選手で挽回できることを想定していました。

 

 

 

悪い想定になったものの、想定通りの展開に原監督もそこまで不安を感じてはいなかったでしょう。

 

 

 

しかし、神野選手が誤算でした。

 

 

走り出してみたら思うように走れないとわかったようで、神野選手と東洋大上村選手の差は徐々に開いていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、ここにつきるでしょう。神野選手を重要区間のアンカーに起用するということは、おそらく大分前から怪我は癒えていたと思います。

 

 

 

 

練習もばっちりできていなくては、全日本大学駅伝の最長区間を任せるはずがありません。

 

 

 

夏以降は、他大学に神野選手は走れないと思わせる作戦で、表に出てこなかった気もします。しかしそれが今回仇になりました。

 

 

 

 

1番は精神状態に影響を与えたのではないかと思います。

 

 

 

 

箱根駅伝で一躍有名になり、都道府県対抗駅伝や丸亀ハーフマラソンではその名に違わぬ快走をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、その後の故障により、大きな舞台は全て出場していません。

 

 

 立川ハーフマラソン

関東インカレ

 全日本インカレ

出雲駅伝

 

 

 

これらの大会を経験しないで全日本大学駅伝だけ、勝負勘を最大限に使うアンカーを走るというのはかなりリスクが高かったといえるでしょう。

 

 

 

 

見ている側からすれば、故障明けだから繋ぎの区間に配置されると想定していましたが、故障が大分前に癒えていていたとしても、勝負をする為の心のリハビリを入れるべきでしたね。

 

 

 

 

さらに山の神という他の選手よりも厚いプレッシャーがかかっているのですから、なおさら負担は減らすべきだったでしょう。

 

 

 

 

個人的な見解ではありますが、神野選手にはこれから勝負勘を取り戻す為に少しでもレースに出場してほしいですね。

 

 

 

11/15(日)に開催される上尾ハーフマラソンにでも出場すればまた仕上がりが変わってくるのでは、、、と思います。

 

 

 

 

また、東洋大学は数年前に完全優勝した箱根駅伝同様、勝つときは区間賞を量産するほど、選手は調子をあげてきます。

 

 

それぞれ、ラストになると力を振り絞ったスパートを放つ姿が印象的でした。

 

 

 

 

特に今年は服部弾馬選手と口町選手のラストスパートが強いですね。箱根駅伝ではどこに配置されるか、今から予想するのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、本大会でいつも起こるアンカーの留学生の爆走によるシード権獲得が、起きませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山梨学院はあと5秒というところでシード権を逃しましたが、1区の出遅れが非常に痛かったでしょう。

 

 

13分台で走る市谷選手でしたが、調子を落としてしまったのでしょうか。悔やまれる成績となりました。

 

 

 

逆に東海大が頑張りました。

3区を走ったルーキー湊谷選手の快走から、そつなく他の選手も走りましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エースといえるほどの破壊力がある選手は不在ですが、全体的の走力が上がっているので、箱根駅伝では、シード権はもちろん、駒澤・早稲田・明治を脅かす存在になるかもしれませんね。

 

 

 

 

後は残すところ、箱根駅伝のみ。

ここからの2ヶ月でどう仕上げていくのか、そして全日本は8区間ですが、箱根駅伝は10区間。

 

 

残りの2枠は各大学どう考えているのか、そこも重要になっていきます。

 

 

 

そして特殊区間の5,6区もどうなるのか、またしばらくしたら予想したいと思うので、お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

run-line運営事務局

 

 

 

 

 

Facebookの記事へのいいね!お願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

twiiterのフォローお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

run-line事務局

【HP】

ランニング情報を日々更新しています!

OPEN!! run-line公式HP

 

【公式オンラインショップ】

ランニングにおすすめなアイテムを厳選してご紹介!

 

http://www.sev-sports1.com/run-line/

会社概要

お問い合わせ

Copyright © 2015 run-line.jp All Rights Reserved.

このサイトに

ついて