•  

ランナーズブログ

Runner's Blog

ランナーズブログページでは、陸上競技に関する情報を配信していきます!

【第51回織田幹雄記念国際大会】

4月30日に織田幹雄記念国際大会が開催されます!!

 

織田幹雄記念国際大会とは、広島県出身で日本人初のオリンピック金メダリスト、織田幹雄氏の栄誉を称え創設された大会です。

「2017 グランプリシリーズ」の第3戦で、今年の世界選手権(ロンドン)の代表選考会でもあります。

 

さて、今大会の出場選手の中から招待選手、注目選手をご紹介します!!

まずは【男子 5000m】

 

☆上野 裕一郎(招待選手)

    佐久長聖高校ー中央大学ーDeNA

 

    〈主な成績〉

  2007年 ナイトオブアスレチック 5000m 3位

                第86回関東インカレ 5000m 優勝

    2009年 第93回日本選手権 1500m、5000m 優勝

         第5回東アジア大会 5000m、10000m 3位

  2010年 第58回兵庫リレーカーニバル 1500m 2位

       国際グランプリ陸上大阪大会 1500m 2位

 

  〈駅伝〉

    2006年 第38回全日本大学駅伝 3区 区間賞

    2007年 第83回箱根駅伝 3区 区間賞

                 第19回出雲駅伝 1区 区間賞、区間新

                 第39回全日本大学駅伝 4区 区間賞

    2014年 第19回全国都道府県駅伝 3区 区間賞

    2015年 第55回東日本実業団駅伝 1区 区間賞

    2016年 第60回全日本実業団駅伝 3区 区間賞

 

  〈自己ベスト〉

    1500m 3’39”52 日本歴代8位

    5000m 13’21”49 日本歴代5位 日本人学生歴代3位

    10000m 28’01”71

 

高校時代から数々の大会で活躍してきた上野選手。

その活躍ぶりは実業団に入社してからも止まらず、4月23日に行われた兵庫リレーカーニバルの10000mでは28分07秒と自己ベストに近い走りで組3位と好記録。

この勢いで織田記念国際大会ではどのような活躍ぶりを見せてくれるのかぜひ注目です!!

過去記事

2016年 1月

2016年 2月

2016年 3月

2016年 4月

2016年 5月

2016年 6月

2016年 7月

2016年 8月

2016年 9月

2016年 10月

2016年 11月

2016年 12月

2017年 1月

2017年 2月

2017年 3月

2017年 4月

2015年 5月

2015年 4月

2015年 1月

2015年 2月

2015年 6月

2015年 7月

2015年 8月

2015年 9月

2015年 10月

2015年 11月

2015年 12月

過去記事

2015年 3月

☆市川 孝徳(招待選手)

   東洋大学ートヨタ紡織ー日立物流

 

   〈主な成績・駅伝〉

   2011年 第23回出雲駅伝 5区 区間賞

               第88回箱根駅伝 6区 区間賞

 

   〈自己ベスト〉

   3000m 7’59”16

   5000m 13’28”91

   10000m 28’31”53

 

箱根駅伝優勝校東洋大学出身の市川選手。

2010年に自身のデビュー戦となる箱根駅伝で6区に起用。その後も3連連続で6区を任され、東洋大学の優勝に貢献した一人です。

実業団入社後も着々と記録を伸ばしている期待の選手です!!

☆鬼塚 翔太(招待選手)

   大牟田高校ー東海大学

 

  〈主な成績・駅伝〉

   2015年 第20回全国都道府県駅伝 1区 区間賞

   2016年 第29回上尾シティハーフマラソン 3位 日本ジュニア歴 2位

   2017年 全国都道府県駅伝 3区 区間賞

   2017年 第57回唐津10マイルロードレース大会 10マイル 優勝

       第100回日本選手権クロスカントリー 12k 優勝

 

  〈自己ベスト〉

   5000m 13’43”61

   10000m 28’55”26

   ハーフマラソン 1時間02秒03

 

大牟田高校から日本のトップランナーを育てる名将両角監督率いる東海大学に進学。

高校時代から活躍し、大学初年度からはハーフマラソンで東海大学記録を樹立し、U20世界選手権10000mに日本代表として出場。

大学三大駅伝にもフル出場し、今話題の学生選手です!!

【女子 5000m】

 

☆木村 友香(招待選手)

   筑紫女学園高等学校ーユニバーサルエンターテインメントクラブ

 

  〈主な成績〉

   2013年 第66回千葉陸上選手権 1500m 優勝

   2016年 第100回日本選手権 1500m 優勝

 

  〈自己ベスト〉

   1500m 4’14”35

   3000m 9’10”12

   5000m 15’43”12

 

  高校時代から1500m、3000mと歴代高校記録を叩き出した木村選手。

  トラックだけでなく駅伝でも活躍。

  高校卒業後は数々のオリンピック選手を育てた小出義雄監督の元、ユニバーサルエンタテイメントへ入社。

  入社後も日本選手権優勝などまだまだ伸び盛りの若手選手です!!!

☆西村 加純

   佛教大学ーヤマダ電機

 

  〈主な成績〉

   2009年夏季ユニバーシアード 5000m 銀メダル 10000m 金メダル

   2011年 全日本実業団選手権 10000m 優勝

   2012年 東日本実業団選手権 3000m 優勝

   2014年 日本選手権 10000m 優勝

                国体 5000m 3連覇(2014、2015、2016)

   2015年 日本選手権 10000m 優勝

 

  〈駅伝〉

   2011年 国際千葉駅伝 1区 区間賞

   2015年 第31回福井スーパーレディース 6区 区間賞

   2016年 第32回福井スーパーレディース 3区 区間賞

                第36回全日本実業団女子駅伝 6区 区間賞

 

   〈自己ベスト〉

    1500m 4’19”77

    3000m 9’15”09

    5000m 15’20”20

    10000m 31’53”69

    ハーフマラソン 1時間11分58秒

 

 2009年のユニバーシアード金メダル獲得という実績を持つ西原選手。

   世界でも日本でも結果を残してきた彼女は今回、どのようなレースを見せてくれるのでしょうか!!

【今年の織田記念国際大会も有力選手が続々と出場します!!

エントリーリストを掲載しておくのでぜひご覧ください!!

http://www.jaaf.or.jp/files/competition/document/411-4.pdf

 

今大会は、世界選手権の代表をかけた大事な一戦なのでより一層気が引き締まると同時に負けられない戦いになりますね!!

果たしてどの選手が世界選手権日本代表の切符を手に入れるのか!?

このレース見逃せません!!!!

▶︎トップページに戻る

コースマップ

最新ニュース

チーム紹介

アイテムランキング

ランナー紹介

ランナーインタビュー

会社概要

このサイトについて

お問い合わせ

Copyright © 2017 run-line.jp All Rights Reserved.

過去ブログ一覧

  •